消費者金融 借り換え

消費者金融でのカードローン借り換えスパルタ塾の借り換えの達人に聞け!

 

消費者金融の借り換えというのは、

 

 

  • 消費者金融から別のカードローンに借り換える
  • 複数のカードロンから消費者金融に借り換える

 

この二つのニーズがあると思います。当サイトではどちらのニーズにも編集部の借り換えの達人がお答えいたします。

消費者金融から別のカードローンに借り換える

消費者金融から借りていて借り換えたいとお思いのあなたが気になっているのは金利若しくは複数借り入れているので、

 

 

  • 毎月の支払額が大きくなっている
  • 支払日がバラバラで管理が大変

 

という理由からだと思います。この場合の借り換え先は借り換える合計金額によって検討しなければなりません。例えば、

 

 

1件の消費者金融から50万円借りていて適用金利は18.0%


 

これを別のカードローンに借り換えるとなると借り換え金額が少ないので消費者金融に借り換えても同じような金利になってしまいます。

借り換え金額が低い場合は低金利銀行カードローンへ借り換える

ですから金利の低い銀行カードローンに借り換えなければいけません。

 

 

しかし銀行カードローンは、自己破産者の増加により行われた金融庁に規制により借り換え、特に複数の既存借入を一本化するおまとめローンはまず審査に通りません。


ですので、1件の消費者金融の既存借入を借り換える場合のみ、以下のカードローンを試してみるのもありです。ただしおまとめローンとしては、銀行カードローンは利用できません

複数件数の既存借入をまとめたい・借り換え金額の大きい場合は消費者金融で借り換える

借り換え金額が大きくなれば消費者金融に借り換えるという選択肢も増えます。

 

 

金額が大きくなればそれだけ低金利の銀行カードローンではますます審査が難しくなってきます。


 

ですが消費者金融にも問題があって総量規制で年収の1/3までしか借りることができないので金額が大きくなるとそれを超えてしまうことは必至です。その場合のポイントは、

 

 

総量規制の例外である『顧客に一方的有利となる借換え』の適用されている借り換え専用ローンを利用することです。


 

複数ローンから借り換える・高金利なローンからまとめて低金利なローンに借り換えるという行為は顧客に一方的有利となる借換えになり、総量規制の例外措置になりますので総量規制の範囲を超えて借り入れ可能になります。

 

以下の大手消費者金融であれば、顧客に一方的有利となる借換えの適用されている借り換え専用ローンがありますので、申込みの際は借り換え目的であることをしっかり伝えることで例外が適用されますの申込内容の確認電話の際にはっきりと伝えることが大切です。

審査能力のある借り換えカードローン
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

貸金業法に基づくおまとめローンで借り換え・おまとめも対応!

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

貸金業法に基づく借り換え専用ローンで借り換え・おまとめも対応!
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

消費者金融から借り換えることのメリットとデメリット

消費者金融の金利が気になったら借り換え

消費者金融の返済で悩んでいる人が多くなっております。その理由として挙げられるのが、思ったより高い利息の金額です。利息というのは、消費者金融業者が設定する金利によって決定されます。金利の高いカードローンを選択してしまうと、利息も多くなってしまうのです。

 

特に借りたお金の残高が多いうちには、利息の金額も重くのしかかってきます。そんな時、まず考えるべきは、借り換えです。カードローンの借り換えをすることで、支払うべき利息の金額が少なくなるというメリットがあります。例えば、

 

金利が年18.0%のカードローンから年15.0%のカードローンに借り換えたとします。
残高が100万円だとすると、1年間に発生する利息の金額は、18万円から15万円と実に3万円も減少するのです。

 

これは非常に大きなメリットです。

 

 

複数のカードローンを1つにまとめて借り換えた場合には、返済日も一本化することができますので、返済をつい忘れてしまうという心配もいりません。


カードローンの借り換えのデメリット

しかし、カードローンの借り換えにはデメリットもあります。それは、審査が厳しいということです。借り換えをするということは、それなりの借金の金額になっているということ。

 

大金を借りる際には、借り換えだろうと通常のローンだろうと審査は厳しくなります。借り換えローンの場合には、通常のカードローンで行われる審査以外にも、このようにすでに借り入れている借金に関する審査も行われます。二重の審査がありますので、かなり審査は厳しくならざるを得ません。

カードローンの借り換えの不自由な点

借り換えには他にもデメリットというか、不自由な点があります。それは、借入している金額以上のお金を借入することはできないということです。借り換え専用ローンの場合、借金が500万円あるとすれば、500万円までしか借りることができません。

 

800万円借りて残りの300万円を自由に使おうとしても、それはできません。借り換えローンは通常よりも低い金利ですので、そのような制限があるのです。

借り換え・おまとめローンをプロミスでした体験談

プロミスで借り換えを解決して何とか進学

 

本当に、子供を大学に行かそうと思ったら、すごく大変なものなんだなと感じてしまいます。でも、私の母は弟にちゃんと大学に行かして、学歴をつけさしてあげたいと思ったみたいです。そんな事もあって、母の希望通り弟は大学に進学をする事にしました。でも、大学に行くというのは本当にお金がかかるものです。

 

複数の借入もプロミスで一本化して、とりあえず母は頑張ってみようかと話をしているそうです。我が家には、お父さんがいないので、母が1人で頑張らなくてはいけないので大変なものです。でも、私もやってあげれるような事はしてあげれたらいいなと思います。弟も男の子ですから、やはりこれから学歴は必要になってきます。

 

そんな事を考えて頑張って母は、弟を大学に行かしてあげようとする姿はすごいなと感じてしまいました。母は、本当にすごいものだなと実感をしている所なのです。これから、大変ですが頑張って母もやっていって欲しいです。そして、弟もバイトをするなりして母の方を助けてあげてもらえたらいいなと思います。


更新履歴
page top