プロミスの在籍確認

プロミスから借り換え・プロミスに借り換える場合のメリット・方法を伝授

プロミスから借り換えるメリット

小額を借りている場合

 

小額を借りている場合はそれ程プロミスから借り換えるメリットはありません。


なぜならどんな低金利カードローンでも小額借入の場合の最高金利は15%ほどはあります。この場いプロミスとは2.8%ほど低くなりますが、月々の利息の差はごく僅かです。小額の借入をしっかり完済したほうがいでしょう。

借入額が多くなり長期で返済しなければならない

 

こういった場合はまさにプロミスからの借り換え時です。


借入額が大きくなるほど低金利カードローンとの金利の差は大きくなります。更に長期で返済するとなるとその利息の差が積もり積もって大きくなってしまいます。ですのでプロミスでの借入1件の場合は、審査の通る可能性がある低金利カードローンに申込む価値はあります。

低金利カードローンを試してみる

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

プロミスに借り換えるメリット

低金利カードローンの審査が心配

 

アコム・SMBCモビット・アイフル・銀行カードローンなど複数からの借入をプロミスに借り換えて一本化したい・・・


こんな時銀行カードローンは、自己破産者増加後の金融庁の規制により、借り換えが難しくなっています。おまとめローンとしてはほとんど使えなくなっていますし、借り換えでも複数の借入の借り換えは殆ど不可能です。

 

消費者金融での既存借り入れは、総量規制を超えるようであれば『貸金業法に基づくおまとめローン』を利用すれば、総量規制の範囲を超えて借り換え可能ですし、銀行カードローンは総量規制の範囲には入っていないので、年収の1/3の中に含む必要はありませんので、なるべくしっかり審査してくれるところに申込むのがベスト。

 

 

こういうときはプロミスです。銀行カードローンの保証会社もしているので審査能力が高いのです。


審査能力が高いプロミスに借り換える
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

貸金業法に基づくおまとめローンで借り換え・おまとめも対応!

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

プロミスに借り換える方法とは?

複数のローンを利用していて、支払いで苦労することは多くなります。出来れば支払いを容易に進めることによって、生活に影響が出ないようにしたいという気持ちや、プロミスの在籍確認の電話を回避したいという気持ちは当然あると思います。

 

そんな時は借り換えやおまとめといったローンを利用して、出来る限り支払い額を抑えることが重要となります。そこで利用するのがプロミスです。アルバイトも安定収入で申込めますし、プロミスには借り換え用やおまとめローンといった商品が多数用意されており、使いやすいくなっています。

 

纏めることが出来れば、支払い額を抑えられるだけでなく、他の会社に支払っている利息を残すことが出来るようになります。多数のローンを支払っていると、それだけ利息を取られるようになってしまいます。

 

しかし一括にまとめてしまうことで、その利息は1社だけの支払いとなり、他の会社に払う必要性が無くなります。これは大きなメリットと言えることで、利用して損をすることはありません。プロミスを利用して借り換えやおまとめを実行したいと思っているなら、専用のローンを利用することを第一に考えてください。

 

専用のローン以外は金利が高くなってしまう可能性もあるためで、出来る限り金利を抑えて借りられる金額を増やすことが必要です。特にプロミスで注意しなければならないのが、おまとめローン以外は総量規制の対象となってしまう部分です。

 

総量規制は借金の額によって利用限度額を制限されてしまうので、利用したくても出来ないといったケースが出てきます。おまとめローンならその例外となりますので、プロミスを利用するならこちらを利用してください。後はどれくらいの借金が残っているのかをチェックします。

 

借金の額は正確に連絡しなければなりませんので、嘘をついたり誤魔化すことはできなくなります。必要な書類を用意すると同時に、自分が借りている金額を調べておくことも大切です。プロミスは借り換えという方法が出来る会社でもありますが、専用のローンを利用することだけは忘れないでください。

page top